構造品質保証研究所 サイトマップ Q&A お問い合わせ

ご意見・ご相談窓口 採用情報 オンラインショップ 会社案内
SRFの価格は明快です
SRFは、従来の耐震補強工事にくらべて、使用する材料の種類は少なく、工程も簡単で、作業時間も短いという特徴があります。
SRFを用いた改修工事全体は、一般の改修工事と同様に、直接的な費用と間接的な費用の合計で、表1のような構成になります。表1のうち、高延性材設置工事費の内訳を表2に示します。また、表2のなかの@〜Cの単価を柱、壁、崩落防止の場合について表3に示します。
表2の労務費は、柱などに高延性材をSRF接着剤で貼り付ける工事の作業員費用です。改修工事は、3人〜4人一組で行ない、独立柱で周囲に障害物が無い場合には、柱一本、 被覆材一層あたり、平均1時間で貼り付けることができます。ただし、少数の柱しか1回の工事で補強できない場合には、貼り付け工事作業員の手待ちが生じ、割高になります表2表3は、比較的工事数量の多い場合についての単価です。
表1 SRF工法を用いた補強工事費の構成
直接的な費用 改修工事に直接必要な費用
準備工事費 養生、什器移動、作業床(足場)設置、仕上げ・設備の撤去あるいは移設等
高延性材設置工事費 高延性材の設置工事費用
その他補強工事費 ブレース、壁増設など、SRF以外の補強工法の施工費用
仕上げ工事費 改修後の仕上げ修復、設備設置等
間接的な費用 改修工事を行うことに共通して必要な費用
仮設工事費 道路占用、足場、安全対策、発生材処分、清掃等
経費 元請建設会社の経費
注1) SRF工法に用いるベルト、シートを高延性材と言います。
表2 高延性材設置工事費の構成
@ 高延性材 SRF補強材(ベルト材、シート材)
A 高靱性接着剤 SRF接着剤
B 労務費 高延性材の準備、貼り付け作業の労務費
C 実施許諾料 SRFの特許・ノウハウ使用量
D 運搬費 材料受入れ、仮置き、場内小運搬、処分(1ロットあたり3万〜5万円)
E 経費 現場経費、会社経費(20%程度)
表-3に@〜Cの単価を示す。
表3(a) 柱補強単価

項目 数量 中間単価 金額
@ 高延性材(ベルト材、らせん巻) 1 mm 4,130 円/(mm・u) 4,130
A 高靱性接着剤(定着部含む) 1 3,460 円/(層・u) 3,460
B 労務費 1 5,000 円/(層・u) 5,000
C 実施許諾料 1 u 3,000 円/u 3,000
合計 15,590
注2)@の数量は高延性材の合計貼付け厚さです。Aの数量は高延性材の層数です。
注3)接着剤の中間単価には下地の不陸によるロスが含まれています(下地によって変動します)
表3(b) 壁補強単価

項目 数量 中間単価 金額
@ 高延性材(ベルト材) 1 mm 3,800 円/(mm・u) 3,800
A 高靱性接着剤 1 3,460 円/(層・u) 3,460
B 労務費 1 4,000 円/(層・u) 4,000
C 実施許諾料 1 u 3,000 円/u 3,000
合計 14,260
表3(c) 崩落防止シート補強単価

項目 数量 中間単価 金額
@ 高延性材(シート材 SRF T-F) 0.5 mm 3,400 円/(mm・u) 1,700
A 高靱性接着剤 1 3,460 円/(層・u) 3,460
B 労務費 1 3,000 円/(層・u) 3,000
C 実施許諾料 1 u 1,000 円/u 1,000
  定着部アンカー工事費 1 u 4,000 円/u 4,000
合計 13,160
SRF工法工事費の例を表4に示します。
表4(a) 柱補強工事費例
柱1本(7.5u)、補強厚8oの場合
補強厚8o:4o厚(SRF4100)の補強材を用い、2層貼り補強。

項目 数量 中間単価 金額
@ 高延性材(ベルト材、らせん巻) 8 mm 4,130 円/(mm・u) 33,040
A 高靱性接着剤(定着部含む) 2 3,460 円/(層・u) 6,920
B 労務費 2 5,000 円/(層・u) 10,000
C 実施許諾料 1 u 3,000 円/u 3,000
合計 52,960
(@+A+B+C)×実施面積(7.5u) 397,200
D 運搬費 1 ロット 30,000 円/ロット 30,000
小計 427,200
E 経費 1 20% 85,500
合計 512,700
表4(b) 壁補強工事費例
壁1枚(12u)、補強厚10oの場合
補強厚10o:5o厚(SRF5100)の補強材を用い、2層貼り補強。

項目 数量 中間単価 金額
@ 高延性材(ベルト材) 10 mm 3,800 円/(mm・u) 38,000
A 高靱性接着剤 2 3,460 円/(層・u) 6,920
B 労務費 2 4,000 円/(層・u) 8,000
C 実施許諾料 1 u 3,000 円/u 3,000
合計 55,920
(@+A+B+C)×実施面積(12u) 671,040
D 運搬費 1 ロット 30,000 円/ロット 30,000
小計 701,040
E 経費 1 20% 140,300
合計 841,340
表4(c) 崩落防止シート補強工事費例
壁1枚(12u)、補強厚0.5oの場合
補強厚0.5o:0.5o厚(SRF T-F)の補強材を用い、1層貼り補強。定着部アンカー使用。

項目 数量 中間単価 金額
@ 高延性材(シート材 SRF T-F) 0.5 mm 3,400 円/(mm・u) 1,700
A 高靱性接着剤 1 3,460 円/(層・u) 3,460
B 労務費 1 3,000 円/(層・u) 3,000
C 実施許諾料 1 u 1,000 円/u 1,000
定着部アンカー工事 1 u 4,000 円/u 4,000
合計 13,160
(@+A+B+C+定着部アンカー工事)×実施面積(12u) 157,920
D 運搬費 1 ロット 30,000 円/ロット 30,000
小計 187,920
E 経費 1 20% 37,600
合計 225,520